好きだよ、ねえ好きだよ、君のことが。

 

呆れるくらいのきみへのメロディー。

この曲にこんなに感情が乗る時が来るとは。

今、これくらいには重岡君のことが好きです。

久々に好きすぎて苦しいです。いや、幸せです。最高に。

静岡公演に行ってから早1ヶ月が経ちますが、いまだ冷めずにずっとこの調子。

 

今年も無事にジャニーズWESTのツアーに参戦することができました。

静岡公演が私にとって最後のなうぇすとツアーでしたので

記憶が鮮明なうちにここに書いておこうと思う。

ネタバレ避けたい方はここから先は読まないでくださいw すみません;つД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーの感想を書く前に、少しだけ。

今回は横アリ1/6 両部、1/7 1部、静岡3/19 両部の全5公演を観ることができました。

前の記事にも書いた通り私はWESTくんたち念願の京セラには入らなかった。

それは、去年の年末あたりから彼らへの興味が薄れていたから。

前にも書いた通り、前回のラキセのレポを見ていて、彼らのコンサートは贔屓が過ぎると思っていたし、何よりいつもいつも一番大切なのはホームである大阪で。中心はいつも大阪で、大阪のファンの人が特別で。そんなメンバーの発言や態度に嫌気がさした。

デビューするまで頑張ってきた場所だから特別な想いがあるのは当たり前だということも分かっているつもりだったし、むしろ温かい関西弁を話す彼らのことを好きだったはずなのに。

好きだと思えば思うほど、〝大阪特別感〟が嫌で嫌で。いつのまにか関西弁バリバリのラジオも嫌だったし、関西色を全面に出した曲も嫌だったし、ラキセのDVDもアルバムなうぇすとも買わないくらいにまでには冷め切っていた。

コンサートに入り終わった今もその辺について何も思わないわけではないけど、

分かってほしいのは、君たちの関西ジュニア時代や今を応援しているのは関西のファンだけじゃないのにってこと。

特にジュニア時代は舞台やコンサートがあるたびに東京から松竹座まで年に何度も通った友達を近くで見ていたから。だけど東京からお金かけて何度も通っても疎外感がすごいって言ってた。そのときの私は関東しか応援したことがなかったから、ライブ観に行って疎外感ってどういうことだろうって思っていたけど、今ならよくわかる。WESTを好きになってローカル番組が見れないという謎の敗北感も初めて味わったし(これは仕方のないことだけどw)、そんなことよりなにより本人たちから度々発せられる、大阪が、大阪のファンが特別って感じ。これがWESTに対してやる気を無くした原因でした。

 

だから申し込みも当然やる気なく。

友達が貸してくれたアルバム聞いたらいい曲揃いで、申し込みにやる気出さなかった自分を少し恨んだけど、また好きになったらその分だけ思いが募ってまた嫌いになりそうで。もう自分にできる全てをかけてまでWESTを応援するはやめようと思ってた。

地方の壁ってよく聞いてた言葉だけど、ローカル番組の件だけじゃない、気持ちの面でもこんなにも壁ってあるもんなのかな、とか思たりして。

 

結果として横アリは1公演しか当選しなかったので、友達の誘いもあって一般で追加して。立ち見で参加。公演増やしたけど実際に横アリ入るまで半信半疑だった。

本当は全力で好きって思いたいし心の底から盛り上がりたい。

どうして私はWESTくんたちの大阪に対する気持ちを理解してあげられないんだろうとか。

いろいろと複雑なこと考えたりして。

でも今日ここに来てるってことはもう好きだってことだし、だけど・・・みたいな。

 

けど、いざ公演が始まったら最後だった。

だって私の目に映る重岡君は、やっぱりやるときはやる男だし、凛々しい横顔にセンターの重圧に負けない強さを感じるし、ガシガシ踊る姿に男の子を感じるし、歌声は甘かったり強かったり。存在が魅力的でもうどう見たってかっこよくて。

重岡君が好きって心の底から感じた。私の自担はこの人しかいないって強く思って、年末から今日この日まで少しでも目を離してごめんなさいって思った。

自分の中で重岡君への、WESTへの思いが溢れたし

なにより気づいたのはWESTを見てると落ち着く自分がいて、ああ好きなんだ、どうしようもなくって。

本人たち見たらあんなにもやもやしていた気持ちが浄化されていった。

関西ばっかりだからとか福岡贔屓するからとか、WESTは横アリ嫌いだからやる気ないとか、Jr.時代・デビュー当時から重岡君は変わったとか、そんなことはもうどうでもよくて。

例えそうだったとしても、私が好きなのは、私が確かにこの目で見て感じた重岡君なんだ、WESTなんだって。今の重岡君のこともしっかり好きなんだって実感した。

好きって気持ちにはどうしても逆らえないんだと思う。

だったら、もうつまんないこと考えるのやめて楽しむことを一番にしようって思えた。

私の気持ちを繋ぎとめてくれてありがとう。そんなパフォーマンスを魅せてくれた重岡君に、最高のコンサートを作ってくれたWESTに、心掴むアルバムを作ってくれたWESTに、もう一度信じてついていこうと思った。

私にとってはそんなツアーだった。

 

半信半疑で再生したなうぇすと。

今になってみれば「Unlimited」の歌いだしの重岡君の声にすでに掴まれてた。

それに素直になれなかった自分にちょっと後悔。

だけど、その複雑な気持ちを全部払拭してくれた横アリ公演。

ここでWESTへの自分の思いを確信できて。

いろいろな気持ちを乗り越えて、自分が望む最高な形で迎えることができた静岡公演。意味のない公演なんてどこにもないけど、今回わたしにとっては特に、この5公演全てに意味がありました。

全部ひっくるめて最高に楽しかったし、わたしにとって大きな意味があったなうぇすとツアー。そんなコンサートだったから、記憶から消えないように普段書かない感想ブログを書こうと思いました。

ここまでで既に長いですが・・・w

読んでくださるという方はどうかお付き合いください。

ここまで長々と書きましたが、感想としては至って普通ですので←

期待なさらず・・・( ;∀;)

以下、3/19静岡公演の感想となっております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エコパアリーナはWEST君たちにとってお初の土地。

ついでに私にとってもお初でした。

ということでお写真をパチリ。

f:id:SCARS:20170320230936j:plain

 

今回は同じ重岡担の同い年のお友達と念願の重岡2連うちわで参戦!!

この日をずっとずっと楽しみにしておりました!!

文字パラアプリを使ったデザイン画像を「こんな感じ目立つかなあ~」なんて送ったら作ってくれた!!お友達ありがとう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

うちわに気泡入っちゃった!大丈夫!重岡君には気づかれない!!とかアホ全開な会話を繰り広げながら、会場到着して30分くらいお写真撮ってたww ←アホ

うちわのお写真だけここにアップ。

 

f:id:SCARS:20170320231057j:plain f:id:SCARS:20170320231104j:plain

 

今回のセトリ、わたし的には相当神ってると思っていまして!

*まず1曲目がパリマニで始まるなんて予想してなかった!!

何度入ってもイントロの一音目でテンション最高潮までいけます。

アルバム曲ではなくパリマニを1曲目に持ってきたところにWEST君たちの成長を感じたし、うれしかった。ああ分かってくれてるんだって( *´艸`) ←誰w

 

*からのUnlimited。

心掴まれる重岡君の透き通るような歌声から始まるこの曲。

「そう僕らは数えきれない程の」

このフレーズを聞くと、WESTがこれからの未来にたくさんの夢を持っていて、それを叶えるとき、素晴らしいその景色をこれからもたくさん見せてねという気持ちでいっぱいになります。

このパートを歌う重岡君がとても眩しかった。

「憧れてきた夢のステージに きっと辿り着けるさ」

濵ちゃんが歌うこのパートにもキラキラしたものを感じるし、

「君と交わした約束の場所 辿り着いてみせるさ」

照史君が歌うこのパートには、コンサートを約1年間待ちわびて頑張ってきた自分の気持ち、そして今ここに辿り着いた喜びと重なりました。

いつも私の原動力は間違いなくこの7人なのだと実感させられながら観ていました。

そんな中で見るUnlimited~♪のところで7人が円になって手を伸ばす姿が、キラキラした無限の可能性に溢れているように見えました。

目を閉じれば今も鮮明に浮かんできます。

 

*You're My Treasure

こういう語りかける系の甘く切ないしっとりしたダンスナンバーが大好きなので

WESTくんたちのこんな姿が見れて本当にうれしい限りでした。

「僕に甘えてもたれかかる愛しいキミ」

って歌う重岡くんの甘い声がたまらなく好きです。あと表情も。

歌い終わったあとの表情と仕草も大好き。

重岡君は本当に表情豊かでそれも曲によって楽しみだったりしています( *´艸`)

そして一人で歌う声も好きだけど、誰かと合わさった時の重岡君の声が映える感じ、あれも好きです。

 

*CHO-EXTACY

率直にこんなにエロい重岡君をかつて見たことがあっただろうか・・・!!

それくらいのレベルでこれは事件だった!!←

普段適当に腰振りを済ます重岡君がまともに腰振ったら

普段秘めてる色気が放出されまくりで、まじめに鼻血出るレベルだった。

普段そういうことしたり、素振りを見せない人がする腰振りの破壊力たるや!!

(普段使いすぎなw)

私このためだけにチケ代払えるよ?w

横アリ7日はセンステ目の前のセンター席で(なんたる幸運!!)

肉眼で重岡君の腰振りを目の当たりにしてきたんだけども、ほんとしばらく尾を引くよねΣ(゚∀゚ノ)ノキャー ←

6日に見てセンステ来るのわかってたけど(わかってるからこそ?w)

メンバーが花道歩いてる段階で動揺してうちわ落っことす始末ww

拾ってる場合じゃないけど、そうもいかないから光の速さで拾ったよね(笑)

こんな感じでちょえくは普段見られない重岡君が存分に楽しめる曲だったから

一番楽しみにしていました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

*Mr.Summer WEST

ちょえくとのギャップもあってアイスクリーム被る重岡君が可愛すぎました( *´艸`)

仕草、被り方に幼児みあってかわいいのよね♡

 

*粉もん

被ってたアイスとたこ焼き隠してた赤い布をスタッフさんに向かって

雑に(私にはそう見えたw)投げ渡す重岡君の姿に謎のキュン・・・( ^ω^)笑

あんな雑に投げてちゃんとスタッフさんへ狙い定まってるからすごいよね。

(見るとこそこじゃないw)

 

大阪弁ら~にんぐ

普段喋ることのない大阪弁を思いっきり叫ぶことができてとても気分爽快な曲でしたw

沸々と楽しさを感じる曲でした(笑)

 

*ギラギラブベイベー

重岡君の掛け声で会場全体で声をそろえて歌う

「ナーナナナナー♪」からの「心のままシェケシェケナベイベー!!!」

がサイコーに楽しい(*ノωノ)

 

*MC

萌えの塊だった!!ここは横アリも含めて書かせてもらいますw

・横アリ

流星君が髪セットに気合い入れてて

「流星のせいで俺時間なかったー;つД`)」(ニュアンス)

っていう重岡君が可愛すぎて…!!

あと、流星君が髪型キメてるシリーズだと

「みんなに会うから俺もおめかししようとしたけど、アイロンの使い方わからんかったあ;つД`)」も最強に萌えだった・・・!!

重岡君がファンに会うのにおめかししてみようと試みるなんて、可愛すぎ・・・!

例えそれが嘘でも可愛すぎて軽率に騙されてあげるから!!w ←

でもアイロンうまく扱えなくて断念するしげちゃん!なんだか様子が目に浮かぶけど、実際見たらそのおしげちゃん超絶かわいくて倒れそうだよ・・・!

 

・静岡

女子校はえぐいって話で(ラジオでも思ってたけど重岡君って女子校、男子校トーク大好きよねwそしてそのオチにお姉ちゃんの話するのもww いやお姉ちゃんのお話してくれる重岡君大好きだから大歓迎だけどw)、

「女子だけでいると素が出てまうんやろな。学校行事の時バスの後ろの席に女子だけで座ってて、凄い笑い声聞こえたから振り向いたら、普段全然そんな子じゃないのにガハハハって笑ってたw まあうちの姉ちゃんもそんな感じやしな。」(再びニュアンス)
↓からの…
「まあ姉ちゃん好きやけど。」

きゃー!! ←

↓からの…

「そりゃ家族やし。」

わかってるよー!!家族なんだからお姉ちゃんのこと好きなのは当然わかっているよ!!だけどそれを重岡君の口から直接聞けるなんて・・・!!ってことですよ( ;∀;)♡♡ お姉ちゃんの話だってなかなか普段出てこないのに「姉ちゃん好き」が聞ける日がくるなんて!!←重岡君の家族のお話(特にお姉ちゃんのお話大好き)なので、今回直接この発言が聞けたのは私得でした!!というか会場もこの発言に悲鳴上がってたから、ほぼすべての重岡担得でしたねきっと。

 

このお話でもう一つ面白かったのが、重岡君の「まあ姉ちゃん好きやけど」発言で悲鳴が上がった時ちょうど照史君がモニターに映っていて、

それをお客さんが突然自分に沸いたと勘違いする照史君でしたw

気づいて「なんやそっちかw」って言ってました(笑)

 

*無鉄砲ボーイ

・この曲はとにかく重岡君の最強リア恋枠感が爆発してる!!w

衣装からマネキンに対する仕草まですべてがリア恋枠の帝王!! ←

マネキンの触り方がなんかエロかった!
マネキンのジャケットの中に手入れて腰のあたりをさらりと触ってから肩に手を添える重岡くん…なに…なに…普通にドキドキするよね…?w

 

 

*Believer、one chance

MCで怖いで有名(←)サンチェさんのお話が出て。

このお話、すっごく面白かったんだけど・・・

重岡君がどうしても忘れられないという、Jr.時代の淳太くんとサンチェさんの面白い過去話を一通りした後

「俺なんて間違えすぎて、重岡お前クビ!!って言われたもんなw」と。面白い感じで話してたけど、そこで私はしみじみしてしまって。

クビなんて言われた時代があって、今の重岡君が、WESTがいるんだよなあって。

彼らの本業だからいつも当たり前のように見ていたけど、こんなにかっこよく歌って踊る彼らだけど、決して最初からできたわけじゃないんだよなって…。

歌って踊りながら当たり前のようにきれいに斜めに並んでいるけど、それだってどれほどの努力に上に成り立っているんだろうか。今私が見ているのはクビだと言われても負けずに今日まで努力を重ねてきた、そんな彼らの姿なんだなと思ったらすごい胸熱…。
そう思いながらみるBelieverからのone chanceは最高にかっこよかった。

 

*ええじゃないか

 のんちゃんが重岡君の頭ぽんぽん。その時の照れて子供みたいな表情したしげちゃんがすごーく可愛くて悶えた(*ノωノ) なんかね、Jr.時代のまだ可愛いころの重岡君の表情してたんだよ~。今の重岡君も大好きだと今回確信して帰ってきた訳だけど、Jr.時代のまだ男らしさを纏いきっていない頃の重岡君も大好きなもので、それが垣間見れた事がすごーく自分の中でうれしかったなあ。まだあの頃の重岡君が今の重岡君の中にもいる気がして。

同一人物なんだから当然っちゃ当然なのかもしれないけど、最近ではあまり見られなくなったその表情が一瞬でも見られて嬉しかった。消えてない部分があるんだって。

 

*KIZUNA

 見るたびにおもわず涙ぐんでしまった曲。

重岡君が歌う「くじけそうなdays」

力強い歌声に、頑張ろう、また頑張って重岡君に会いに来るんだって思った。

そして曲終わりに照史くんが言ってくれた「がんばれー!」は忘れられない。

それから本編終わり、重岡君が去り際に「頑張ってね〜」って言いながら見せてくれた最高の笑顔...!!あの表情も忘れられない!!

2人の「がんばれ」って言葉が今も心に残っていて。

静岡が終わって、いろいろなことに直面する度にいつも2人の「がんばれ」を思い出しています。


今回のコンサート、本当に大好きでした。幸せでした。

半信半疑な気持ちで始まった今回のツアー。終わったら今までで一番と言っていいほど楽しくて。重岡君への、WESTへの大好きを確信して。

終わってほしくなくて、どの場面も一瞬一瞬がキラキラしていて宝物で大切でこの目に焼き付けたくて。過ぎていく時間が惜しくて。

この景色が見られるなら、この空間を彼らと共有できるのなら、何処へでも会いに行けると思った。現実的に叶わないこともあるけど、でもそう思えた。

アイドルってすごい。
こんなに特別な気持ちにしてくれる。
こんなに頑張れる私にしてくれた。

もともと何かを頑張れる人間じゃなかったと思う、私は。

でもKAT-TUNを好きになったあの日から

(私のジャニヲタ生活の始まりは亀ちゃんでしたw)

彼らに会いたくて、彼らの頑張りに恥じない自分になりたくて、いろんなこと頑張れる私になれた。

自分から何かをする人間じゃなかったけど、好きなことややりたいことには踏み出せる自分になれたと思う。少なくとも何もしないはしてない。

聞く人が聞けば笑うかもしれないけど、私の原動力はジャニーズで。

それが今は間違いなくジャニーズWESTなんだって実感できたコンサートでした。

 

ジャニーズWEST

とんでもないグループを好きになってしまったのかもしれない。

ライブに行って彼らを目の前にすれば、いつもの私を捨てられる。捨てて、思いっきり叫べる。声出せる。そんな私にしてくれてありがとう。この時間が本当に本当に楽しくて幸せなんです。

 

そして重岡くんを好きになったことで素敵なお友達もできました。
重岡くんを好きじゃなかったら出会えなかった。
同担で最高に気が合うお友達。
私と出逢ってくれて、お友達になってくれてありがとうってその子にも勿論伝えたい。
けどそのきっかけをくれた重岡くんにも、ありがとうって言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後に…
スタトロで重岡2連うちわにニコニコ両手指差しいただけたと思ってる!

そうなはず!

( ^ω^)・・・

分かってるよ??

でもそう思わせて?笑

いつも完全スルーな重岡君の視線が、両手の指先が、こちらを向いていたのです...!w

真相は誰もわからないけど、私とお友達の心に残っている大切な大切な思い出です。

 

 

 

なうぇすとツアーありがとう。

最高に幸せな期間でした(*ノωノ)

 

残すは広島のみですね。

最後まで怪我なく、最高のファイナルになりますように♡

 

 

読んでくださった方いましたら、長々とありがとうございました( *´艸`)